デトランスα
0

大量のワキ汗にデトランスα

私は、ワキ汗が多いのが悩みです。

ワキ汗って遺伝するんじゃないでしょうかね。

私が小学生の頃、母が言ってました。

「私って、どういうわけかワキに汗が多いのよね~」

その頃は何とも感じませんでしたが、

高校生になってからでしょうか、

ワキ汗をかくようになってきて、

人より量が多いんじゃないかと思うようになりました。

私が通っていた高校は、夏服のブラウスの色が淡い水色で、

ワキ汗がすごく目立つ色でした。

 

地獄です。

 

暑い日なんか、学校に着く前からワキ汗がブラウスにしみてきて、

周りにバレないようにワキをしめて、絶対に手を上げないようにしていました。

そんなことをしていたら、ブラウスが乾きにくくなって、

苦痛な時間をのばすことになるんですけど、

見られたくなかったのでそこは仕方なく。

自分がそんななので、人のワキを見ることが多かったんですが、

私ほどワキ汗でブラウスを濡らしている人は、いなかったんですよ。

だから、私ってワキ汗をかきやすいんだなぁと。

そして、母と同じようにワキ汗の量が多いんだなぁと。

これはもう、遺伝だから仕方がないのかなぁと思っていました。

 

ワキ汗といえば、社会人になってからの方が恥ずかしい思いをいっぱいしました。

私が勤めていた会社は制服がなく、洋服は自由でした。

洋服のせいで恥をかいたことはたくさんあります。

その中でも、20年近く経った今でも、

時々思い出しては顔から火がでそうになるのが、

グレーのトップスを着たときに起きたワキ汗事件です。

 

夏の終わりに、

秋先取りでグレーの七分袖のトップスを着て行ったことがあったんです。

ワキ汗が多い人なら、もうわかりますよね。

「ダメだよ~、グレーなんて着ちゃ~」

そうなんです、今ならわかります。

でもその当時は、ワキ汗をまだナメてました。

わりと厚めの生地だったし、大丈夫だと思ったんです。

買ったばかりのそのトップスを、

 

「秋を先取りしちゃってる自分」

「新作をいち早く着ちゃってる自分」

 

と、得意気に着ていました。

なかなか周りにも好評だったのですが、

一人だけ、三輪くんという男性社員に、

 

「その服、暑くないですか?」

 

って言われたんです。

うむ。

たしかにさっきから、

「微妙に暑いかも」と思っていたよ。

思っていたからこそ、私はこう答えました。

 

「いや、全然暑くないけどね。」

 

あぁ、なんでこんな変な強がりを言っちゃったんでしょう。

この一言を、後で後悔することになります。

 

その日、会議があって、

私は前に出て話をすることになっていました。

話をしながら、だんだん熱くなってきて、

本格的にワキ汗をかきはじめました。

「暑い。やっぱりこの服は早かったか。」

と反省しつつ、でもこの生地の暑さだから、

まさかワキ汗がしみてくることはあるまい・・・と、

甘く考えていました。

 

ある瞬間、私は腕を上げました。

その瞬間、私のワキに視線が釘付けになった人がいました。

そう、三輪くんです。

とっさ的に、

 

「しまった!!」

 

と思いました。

三輪くんのその顔で、

ワキ汗を見られたんだと、すぐに理解できました。

さっきの強がった一言を、後悔しました。

三輪くんはすぐに目をそらしました。

そらされたことで、余計に恥ずかしくなりました。

 

会議を終え、オフィスに戻っても、

三輪くんは何にも言ってきませんでした。

私も言えませんでした。

ワキ汗って、それほど、

「見ちゃいけないもの」

であり、

「見られちゃいけないもの」

なんだと思います。

 

その後、ワキ汗パットというものを買った私ですが、

ワキ汗パットでも失敗しました。

私の貼り方が良くなかったのかもしれませんが、

ワキ汗パットがポトッと床に落ちたことがあり、

危うく人に見られるところでした。

それに、あれってちょっとでもズレると、

ズレたところのワキ汗は当然しみてきますし、

そもそも私のワキ汗の量は、

ワキ汗パットなんかじゃ追いつきません。

はみ出して洋服にしみてました。

 

「こんなもの、こんなものッ!!」

と、ヒステリー気味に捨てて終わりました。

 

・・・とまぁ、ワキ汗の思いでならいくらでもあります。

まだまだ語りたいくらいですが、これくらいにして。

私が何を言いたいかというと、

これほどワキ汗が多くてワキ汗に苦しめられてきた私が、

今は悩んでいないということなんです。

手術をしたわけではありません。

デトランスα に出会ったからです!!

 

デトランスα

 

デトランスαは、ロールオンタイプの制汗剤です。

今までもいろんな制汗剤を使ってみましたが、

私のワキ汗をピタリと止めるものなんて、なかったです。

どれも気休め程度という感じでした。

でも、デトランスαだけは違います!

これは本当に効いています。

 

デトランスαの使い方で、

間違えてほしくないポイントが一つだけあります。

 

夜、寝る前に使ってください!!

 

これだけです。

朝に使っても、効果ないです。

実際に朝使ったときには、たしかに効果なかったです。

朝に使っても効果がない理由は、

朝やお出かけ前に塗ったとしても、動き回るせいで汗をかきやすく、

せっかくの成分が浸透しにくくなり、効果が薄くなるからなんだとか。

なので、寝る前の一番汗が引いているときに塗るのがベスト。

翌日は1日中、 脇汗をほっとんど感じなくてよくなります!!

 

しかも、最初は1日1回の使用ですが、

だんだん効果が感じられてきたら、

週に5回⇒3回と徐々に使う回数を減らしていけます。

継続して使用すると、

1週間に1回の使用でも汗が出なくなるそうです。

私は、3日に1回のペースで使っていますが、

ワキ汗のことを忘れてしまいそうなほど、効いています。

 

ちなみに、汗の分泌が減っても、

体の中に老廃物が溜まることはなくって、

代わりに尿として体外に排出されるそうです。

 

デトランスα

 

デトランスα が効く理由ですけど、

大量の汗にもニオイにも効果を発揮する秘密は、

汗腺に直接働きかける有効成分にあるんだとか。

暑いときにかく汗を分泌するエクリン汗腺と、

脂肪や鉄分、アンモニアなどの含まれたニオイのある汗を分泌するアポクリン汗腺、

この2つの汗腺に働きかけてくれるので、

汗にもニオイにも効果が発揮されるんだそうですよ。

 

デトランスαを使った翌日は、ウソみたいに脇の下がサラサラで、

背中や胸元にどれだけ汗をかいていても、ワキだけはドライでいられます。

ワキ汗で恥ずかしい思いをしてきた人すべてにオススメしたい制汗剤です。

y

r デトランスα